スーペルコパ制覇を喜ぶバルベルデ「自分たちの力に値するタイトルを獲得できた」

開幕戦も同カード

開幕戦も同カード

就任3年目、アスレティック・ビルバオで初めてタイトルを獲得した photo/Getty Images

現地時間17日、スーペルコパ・デ・エスパーニャの2ndレグが行われ、アスレティック・ビルバオは敵地カンプ・ノウでバルセロナと対戦し、1-1で引き分けた。その結果、2試合合計スコアを5-1とし、31年ぶり2度目のスーペルコパを獲得した。指揮官のエルネスト・バルベルデが試合を振り返った。

「前半はバルセロナの攻撃が素晴らしく、失点する場面もあり、ビルバオは非常に苦しい展開だった。私たちが後半にゴールを奪えてなければもっと悪い展開になっていただろう。外から見れば私たちは悪くなかったと考えることができるかもしれないが、ゴールが決まった時は感動で震えた」

本拠地サン・マメスで4-0で大勝したが、試合前日の会見で「バルセロナはカンプ・ノウでなんでもできる」と語り、4点のリードを覆す力があると気を緩めることがなかった指揮官は、試合を不安な面持ちで見ていたようだ。だが、1stレグにハットトリックを達成したFWアリツ・アドゥリスが得点を挙げて、タイトル獲得が決定的なると喜んだと、スペイン紙『アス』に明かした。

「私たちはようやく、自分たちの力に値するタイトルを獲得できた」と、チームを称賛するコメントを残している。

23日に行われるリーガ・エスパニョーラの開幕戦では、本拠地サン・マメスでバルセロナと一戦を交える予定となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ