武藤、FWとしては失格? 岡崎の代わりが見つからないマインツ

昇格組相手に無得点に終わったマインツ

昇格組相手に無得点に終わったマインツ

ボールを競り合う武藤 photo/Getty Images

今夏マインツへ移籍した日本代表FW武藤嘉紀は失格の烙印を押されたのだろうか。

武藤は15日のインゴルシュタットとの開幕戦に後半33分から途中出場。左サイドをドリブルで突破する見せ場も作ったが、それ以上のインパクトを残すことは出来なかった。チームも0-1で敗れ、『ビルト』はマインツがまだ岡崎の代役を見つけることが出来ていないと指摘した。

同紙はこの日先発出場したFWフロリアン・ニーダーレヒナーが、まだブンデスリーガに慣れておらず、武藤はサイドを主戦場とする選手と伝えており、岡崎に代わる新しいストライカーが必要との考えを示した。

このことを監督のマルティン・シュミットも認めており、市場が閉まるまでにFW獲得に動く考えがあると語っている。

「我々はまだストライカーを探しており、この試合を機に動きを加速させるかもしれない。しかし残された時間は少ない。何か動きを見せるには2週間しかない」

FWでの起用もあるといわれた武藤だが、どうやら岡崎の代替としては不十分だったようだ。開幕戦のわずか10分足らずの出場で判断されるのは厳しすぎる気もするが、それが世界レベルというものなのかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ