マンチーニ、コバチッチ退団を認める 「誰も望んではいなかったが……」

シャキリ退団に続いて

シャキリ退団に続いて

マテオ・コバチッチ photo/Getty Images

インテルの未来を背負う選手として期待され、背番号「10」を与えられたMFマテオ・コバチッチの退団は確実のものとなっているようだ。チームを率いるロベルト・マンチーニ監督は16日に行われた親善試合のAEKアテネ戦後、スポーツ・メディアセットのインタビューに対して認めた。

「残念なことに、従わなくてはならないルールというものがある。誰も彼を進んで手放そうとは思わなかったが、ファイナンシャル・フェアプレイ(FFP)のために決断をしなくてはならなかった。ジェルダン・シャキリとコバチッチが去るのは同じ理由だ。それを理解していない人がいるのは残念だね」

赤字経営を防止するために収入以上の支払いを禁止するFFPに抵触したインテルは今年5月、2000万ユーロの罰金をUEFA(欧州サッカー連盟)から課されていた。今夏は3000万ユーロ以上を投資してジョフレー・コンドグビアを獲得するなど強気の補強を見せていたが、シャキリ(ストークへ移籍)に引き続きまたもクラブの将来を担う若手の放出に踏みきることになった。

報道されているところでは、コバチッチは3550万ユーロの移籍金でレアル・マドリードに移籍すると見られている。マンチーニ監督は新たな選手を探しに出るようだ。

「さあ、今は違うことをすることになるね。8月の残りの時間を使ってチームに合う選手と契約することを望んでいる。2人の重要な選手と引き換えに、陣容に欠けている要素を補強することが出来るだろう。それがサイドバックと中盤の選手かどうかは分からないよ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ