「大迫がアウェー勝利をパーフェクトに!」 地元紙が開幕戦ゴールの大迫に高評価

ストライカーとしてのアピールに

ストライカーとしてのアピールに

得点シーンの大迫 photo/Getty Images

ブンデスリーガ開幕節が16日に各地で行われ、日本代表FW大迫勇也、MF長澤和輝が所属するFCケルンはアウェーでシュツットガルトと対戦し、3-1の勝利を収めた。

ケルンでの2シーズン目を迎えた大迫はプレシーズン期間で本職ではない中盤で起用されることもあったが、この試合で自身がFWであるということをアピールすることに成功する。後半9分にミロシュ・ヨイッチとの交代でピッチに入った大迫は試合終了間際の後半アディショナルタイムにモデストのラストパスを冷静に流し込み、チーム3点目となるダメ押しゴールを決めた。
ケルン地元紙『エクスプレス』はこの結果を「3-1! オオサコがアウェー勝利を完璧に!」と見出しを付けて報じている。同紙の行うファンの採点では「2.5」と高評価が与えられ、アピールに大きく繋がった。(ドイツ紙は1が最高点、6が最低点)

昨季チーム得点王のアンソニー・ウジャがブレーメンに移籍したことにより、得点力の低下が懸念される今シーズンのケルン。大迫にとっては「点取り屋」としての特徴を前面に出す大きなチャンスだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ