[移籍]チェルシー、アウグスブルクからガーナ代表DFババを獲得

チェルシー、陣容整う

チェルシー、陣容整う

2014-15シーズンはアウグスブルクで活躍した photo/Getty Images

プレミアリーグのチェルシーは、ブンデスリーガのアウグスブルクからガーナ代表DFアブドゥル・ラーマン・ババを獲得したと、クラブの公式サイトが伝えている。

移籍金額は明らかにされていないが、英紙『エクスプレス』は2170万ポンド程度になるという。チェルシーは放出したFWディディエ・ドログバと、GKペトル・チェフの穴を、FWラダメル・ファルカオ、GKアスミール・ベコビッチ獲得で補填。売却したフィリペ・ルイスの抜けた左サイドバックだけが最後の補強ポイントだったが、DFアブドゥル・ラーマン・ババの加入で駒が揃った。

ババは1994年生まれの21歳。昨年の夏にグロイターフュルト(ドイツ2部)からアウグスブルクに移籍すると、左サイドバックのレギュラーに定着し、2014-15シーズンは31試合に出場して4アシストを記録。クラブ史上最高位の5位に躍進するチームに貢献した。2014年9月にガーナ代表としてデビューを果たし、今年のアフリカネーションズカップでもレギュラーとして起用された。精度の高いクロスと、攻撃参加が持ち味だ。

ババ自身は「チェルシーのようなビッグクラブと契約できて嬉しい。新しいチームメイト、そしてモウリーニョ監督と一緒に練習をするのが待ち遠しいよ」とコメントを寄せている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ