マンCが王者チェルシーとの大一番で完勝! アグエロが絶妙ゴールでMOMに輝く

開幕からの嫌な流れを引きずるチェルシー、2試合で白星なし

開幕からの嫌な流れを引きずるチェルシー、2試合で白星なし

先制点を挙げたアグエロ photo/Getty Images

プレミアリーグ第2節が現地時間16日に行われ、マンチェスター・シティ(マンC)はホームにチェルシーを迎えた。

昨シーズン王者チェルシーと2位マンCの大一番が早くも実現したが、シーズンインはそれぞれくっきりと明暗が分かれた。マンCが開幕節のウェストブロム戦で3-0の快勝を収める一方で、チェルシーはスウォンジー相手に2-2の引き分け、その上に正守護神ティボー・クルトワが一発退場し、1試合の出場停止を受けてしまった。そのため、この大一番では新加入のGKアスミル・ベゴビッチがチェルシーのゴールマウスを守っている。

前節の交代出場で好パフォーマンスを見せたベゴビッチはこの試合でも前半、大きな存在感を見せた。試合序盤から攻め込むマンCは1分にダビド・シルバのスルーパスに抜け出したセルヒオ・アグエロがGKとの1対1を迎えるが、股の下を狙ったシュートはベゴビッチがセーブ。15分にもアグエロがコラロフからのグラウンダーのクロスを受けてからシュートを放ったが、これもボスニア代表GKがキャッチ。昨季得点王を相手にスーパーセーブを連発し、クルトワ不在を感じさせない。

しかし、先制点を挙げたのはホームのマンCだった。31分、ペナルティエリア内でヤヤ・トゥーレのパスを受けたアグエロが絶妙なターンでDFをかわしてシュートコースを作り出し、左足で冷静にゴールの隅に流し込んだ。「ゴールにパス」という表現が当てはまる、技術の高さが込められたアグエロのゴールでマンCがスコアを1-0とした。

1点を追いかけるチェルシーは40分にマティッチとのワンツーで左サイドを突破したエデン・アザールがペナルティエリア内のラミレスにラストパスを送るも、得点ならず。1トップで先発したジエゴ・コスタは負傷明けのため、身体のキレがなく、アザールとの連携で合わない場面も見られた。

チェルシーは後半からCBのジョン・テリーに代えてズマを投入。モウリーニョ監督は守備の立て直しを図る。49分にはセスクのパスを受けたラミレスがネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定。70分にはカウンターからアザールがシュートを放ったが、GKハートの正面となった。

78分、マンCはCBのマルティン・デミチェリスを投入し、ラヒーム・スターリングを下げる。守備固めかと思いきや、ここから立て続けにゴールが生まれた。80分、CKからコンパニがイバノヴィッチとの競り合いを制してヘディングで2点目を挙げると、その4分後にフェルナンジーニョが右サイドからミドルシュートをたたき込んで試合を決める3点目を決めた。

試合はこのまま終了し、開幕戦に続いて3-0の勝利を収めたマンCが勝点3を手にした。3得点を挙げた攻撃陣だけではなく、コスタ、アザールといったチェルシーのアタッカーに自由を与えなかった守備陣の貢献も高く、完勝と呼べる内容だった。試合終了間際、先制点を挙げたアグエロがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたことがスタジアムで発表された。

[スコア]

マンチェスター・シティ 3-0 チェルシー

[得点者]

マンチェスター・シティ:アグエロ(31)、コンパニ(80)、フェルナンジーニョ(84)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ