岡崎ら攻撃陣に信頼を寄せるレスター指揮官「我々の前線は強力」

「チームは一丸となっている」

「チームは一丸となっている」

ウエストハム戦でチームに指示を送るラニエリ監督。photo/Getty Images

8月15日に行われたプレミアリーグ第2節、レスターシティはアウェーでウエストハム・ユナイテッドと対戦し、1-2で勝利を収めた。

レスターは前半27分に日本代表FW岡崎慎司のゴールで先制すると、前半38分にはアルジェリア代表MFマレズが追加点。後半に1点を返されたが、その後は反撃を許さず、勝ち点3をもぎ取った。

これでレスターは開幕2連勝。指揮官のクラウディオ・ラニエリ監督も手応えを感じているようだ。英「フォーフォートゥー」が試合後のコメントを伝えている。

「チームはよく戦った。ひとりひとりがチームのためにプレイしていた。重要なことはフィジカルで上回ったこと。メンタルの面でもそうだ」

前半は前から積極的に仕掛け、後半は押し込まれながらも粘り強い守備を見せ、最小失点に抑えたことを評価した。また先日、FWジェレミー・バーディの差別発言が問題となったレスターだが、現在のチーム状態は良好のよう。
「今日は最後のところで守備陣が踏ん張ってくれた。そして、我々の前線には強力なタレントが揃っている。なにより重要なのは、チームが一丸となっているということだ」

次節レスターは、今節ストークに引き分け、今だ勝ち星がないトッテナムをホームに迎える。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ