モウリーニョ、今後のエヴァ医師の帯同を仄めかす

「選手が第一」

「選手が第一」

マンC戦に帯同しないことを発表されたカルネイロ医師 photo/Getty Images

16日に行われるマンチェスター・シティとの大一番を前に記者会見に臨んだチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、騒動を呼んでいるメディカルスタッフとの衝突について、14日にミーティングを開いて話し合いの場を持ったことを認めた。英『デイリー・メイル』など複数メディアが伝えている。

「私が最初にメディカルスタッフに言ったことは、誰か一人でも選手が問題を抱えたら、その選手が結果よりも重要だということだ。監督よりも、審判よりもだ。審判が許可を与えなかったとしても、ピッチに入れと伝えた。たとえ審判や監督がそれに不満を見せたとしても、それは大したことではないとね」

モウリーニョ監督はアザールの治療のためにピッチに入ったエヴァ・カルネイロ医師を試合後に批判し、マンC戦に同医師とフィジオ(物理療法士)のジョン・ファーン氏をベンチに入れないことを決めていた。しかし、14日の会見ではここまでの強硬姿勢とは異なり、選手が第一と話し、今後のベンチ入りの可能性を仄めかしている。

「日曜日の試合には彼らがいない。それは明らかだ。しかし、今後もそうであるとは限らない。我々には素晴らしいメディカルチームがあり、私は彼らと良い関係を築いているんだ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ