ピルロ、敵にも味方にも絶妙アシスト! ビジャのゴールも生まれる

相変わらずの優しい好パス連発

相変わらずの優しい好パス連発

ビジャは今季14ゴールに photo/Getty Images

14日、MFアンドレア・ピルロ、MFフランク・ランパード、FWダビド・ビジャが所属するニューヨーク・シティFCは、DCユナイテッドと対戦し、ピルロがビジャのゴールをアシストした。

先発出場したピルロは80分、相手のパスをカットすると、少し溜めてDFラインの裏へフワリと優しいパス。それに反応したビジャがDFとの競り合いを制してゴールを決めた。ピルロらしい柔らかいパスで、ビジャの抜け出しも全盛期を思わせるものだった。ビジャはこれで21試合出場14ゴールと好調を維持している。

しかし、この試合の見せ場はそこだけではない。チームは3-1で勝利したものの、ピルロは36分に相手ゴールもアシストしてしまっている。

ピルロは相手選手のクリアボールを拾うと、それを左足で自陣へバックパス。このパスもフワリと優しいボールだったが、それが相手FWクリス・ロルフの足元に渡り、ロルフのパスからアルバロ・サボリオのゴールが生まれてしまった。

これについてピルロは試合後のインタビューで、次のように述べている。
「相手のゴールに繋がるパスを出してしまったけど、ビジャが決めてくれて本当によかった。僕たちはハードにプレイしたし、チームの士気を確認することもできた。今日の勝利を神に感謝するよ」

なお、ピルロの所属するニューヨーク・シティFCは勝ち点27の8位となっている。

[スコア]
ニューヨーク・シティFC 3-1 DCユナイテッド

[得点者]
ニューヨーク・シティFC:トミー・マクナマラ(51)、ダビド・ビジャ(80)、クワドゥオ・ポク(88)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ