インテル移籍濃厚から一転、フェリペ・メロはガラタサライ残留へ

契約延長が目前に迫る

契約延長が目前に迫る

フェリペ・メロ photo/Getty Images

インテル加入が目前と見られていたブラジル代表MFフェリペ・メロだが、ここに来てガラタサライ残留が大きく近づいている。

伊『FCインテルニュース』が伝えたところによれば、この夏のインテル移籍が決定的と見られていたメロはガラタサライとの契約を2018年まで延長し、クラブ残留に落ち着くことになるようだ。同選手の代理人を務めるレドンダ・ホセ・ロドリゲス氏もそれを認めた。

「状況はいささか変わってしまっている。今はガラタサライからの契約延長オファーを待っている。それが一番起こりそうな決着だ。嘘を言うつもりはない。我々は2、3年間の延長をするだろうね」

マンチーニ監督が獲得を熱望していたメロの補強失敗は、新たなターゲットで埋め合わせなくてはならない。移籍市場はまだ2週間以上開かれているが、果たしてどの選手にアプローチすることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ