[移籍]ボスニア・ライン誕生!? ローマがジェコ獲得を発表

待望のワールドクラスが加入

待望のワールドクラスが加入

昨年のCLで対戦したジェコ(写真右)とピヤニッチ(写真左)がローマでホットライン形成か photo/Getty Images

イタリア・セリエAのASローマは12日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコをマンチェスター・シティから獲得したことを発表した。

待望のワールドクラスがとうとうローマに加入した。ジェコとローマはシーズンローン契約を結び、英『BBC』によれば、手付金として290万ポンドがマンチェスター・シティに支払われ、追加で790万ポンドを支払うことによって完全移籍となる。

ジェコは190cmの長身を誇る大型ストライカーで、ゴール前での圧倒的な強さを誇る。2011年の1月にドイツのヴォルフスブルクからマンチェスター・シティに移籍し、130試合に出場して50ゴールを挙げる活躍を見せた。マンCの優勝がかかった11/12シーズンの最終節QPR戦ではアディショナルタイムに劇的な同点ゴールを決め、アグエロの逆転ゴールにつなげるなど、同クラブの近年の躍進の貢献した選手だ。

ローマにはナショナルチームでともにプレイするMFミラレム・ピヤニッチも在籍しており、ホットラインの誕生にも期待が集まる。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ