[移籍]レヴァークーゼン、チリ代表MFアランギス獲得を発表

レヴァークーゼンはかつて同胞ビダルもプレイ

レヴァークーゼンはかつて同胞ビダルもプレイ

コパ・アメリカでは優勝メンバーの一員となったアランギス photo/Getty Images

ブンデスリーガのバイヤー・レヴァークーゼンは13日、チリ代表MFチャルレス・アランギス(26)をインテル・ナシオナウ(ブラジル)から獲得したことを発表した。契約は2020年までの5年間となる。

欧州の複数クラブが関心を示していたアランギスだが、ここ数日でレヴァークーゼンが大きく獲得に近づいていると報じられてきた。レヴァークーゼンのミヒャエル・シャーデ社長はクラブ公式サイト上で獲得の喜びを語った。
「我々の粘り強い交渉が実を結んだことが嬉しいし、彼がうちに来ることを決めてくれたことに満足している」

中盤でプレイするアランギスは高いテクニックが武器のMF。本職はセントラルミッドフィルダーながらも、トップ下やサイドハーフなど複数のポジションに対応することが出来る。15日のリーグ開幕節ホッフェンハイム戦を前に、レヴァークーゼンに強力な助っ人が加わることになった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ