ロマニョーリ、ミラン移籍の背景に恩師の存在

「ここでベストを尽くす」

「ここでベストを尽くす」

アレッシオ・ロマニョーリ photo/Getty Images

11日にACミランの一員となったU21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリ(20)は記者会見で喜びを語り、移籍の決断に大きく影響を与えた恩師についても触れた。英『フットボール・イタリア』が伝えている。

「ミランは世界で最も成功してきたクラブだ。今僕が考えなくてはならないのはピッチ上で良いプレイをすることだね。冷静になって、自分の全てを捧げようと思っているよ」

昨シーズンまで在籍したアディル・ラミの背番号「13」を引き継いだロマニョーリはそう語り、加入を喜んだ。ミランのレジェンド、元イタリア代表DFアレッサンドロ・ネスタも着けた番号であるだけに、クラブの期待は大きい。

続いてロマニョーリはミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督についても触れた。同監督とは昨季サンプドリアで共に仕事をし、自身の成長を大きくサポートした恩師であり、移籍を後押しする重要なファクターとなったようだ。

「監督はチャンスがあれば僕を連れて行くと話してくれた。それから僕は代理人と、ローマのワルテル・サバティーニSD(スポーツディレクター)と話し合って、移籍を実現させたんだ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ