オリバー・カーン氏がビダルの獲得を疑問視「彼はペップのサッカーに合っていない」

シュバインシュタイガーの代わりは務まらないと主張

シュバインシュタイガーの代わりは務まらないと主張

中盤センターを務めるビダル photo/Getty Images

過去にバイエルン・ミュンヘンでプレイした元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏は、MFアルトゥーロ・ビダルがグアルディオラのサッカーにフィットするとは考えていないようだ。

バイエルンはMFバスティアン・シュバインシュタイガーをマンチェスター・ユナイテッドへ売却し、ユヴェントスからビダルを獲得した。シュバインシュタイガーの代役という位置づけだが、同氏は『キッカー』のインタビューに対し、ビダルがバイエルンに合う選手かは分からないと述べている。

「ビダルは確かに優れた選手だ。彼はバイエルンに攻撃力と素晴らしいメンタルを提供してくれるだろう。ただ、グアルディオラの哲学に収まらないようにも感じる。グアルディオラが求めるプレイヤーではないように思うね。確かに近年はシュバインシュタイガーにも負傷が増えていたし、ビダルが加入したことで中盤の競争力を保てるのは良い。でも、彼は決してシュバインシュタイガーの代役にはなり得ないだろう」

また同氏は、グアルディオラがマンチェスター・シティの監督に就任するといった噂が流れていることを快く思っていないという。

「彼が2016年の夏で契約が切れることに関し、将来について様々な情報がある。ただし、それはチームにも選手にも迷惑な話だ。重要なのはチームからの信頼であり、今のグアルディオラは少しイライラしているように見える 」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ