ジャーナリスト殺害事件でアゼルバイジャン代表FWが逮捕

EL予選での愚かな行動を批判される

EL予選での愚かな行動を批判される

ジャビド・フセイノフ photo/Getty Images

アゼルバイジャン当局は11日、今月8日に複数人からの暴行を受けて死亡したスポーツジャーナリストのラジム・アリエフ氏を巡る殺害事件の6人の容疑者を逮捕したことを発表した。その中には同国代表サッカー選手、FWジャビド・フセイノフ(27)が含まれていることが明らかになった。

英『ガーディアン』など欧州の複数メディアが伝えたところによれば、今月6日に行われたヨーロッパリーグ予備予選にFCガバラ(アゼルバイジャン)の一員として参加したフセイノフはアポロン・リマソル(キプロス)との対戦後にトルコ国旗を持って勝利を祝い、この行動が物議を醸していた。キプロスは1974年から北部がトルコ系住民による北キプロス・トルコ共和国、南がギリシャ系住民によるキプロス共和国に分離独立している。対戦相手のリマソルがキプロス共和国に本拠地を持つチームだったことを考えれば、明らかに配慮に欠けた行動だった。

この件を公然と批判した人物が、殺害されたアリエフ氏だった。試合後に自身のFacebook上でフセイノフの行動を「無知で自己抑制が出来ない選手。彼には国を代表してヨーロッパの戦いに出る資格が無い」と書いて批判。そしてその2日後、例の暴行事件が起き、病院に運ばれた。意識があるうちにアリエフ氏が語ったところでは、電話でフセイノフの従弟を名乗る人物に呼び出され、「あなたの批判について話し合いたい」と言われたという。この証言が逮捕につながった。

所属するガバラはこの件に対して、「どのような人間であれ人を脅したり、暴力を振るったりすることは許されない。この件がはっきりとしたものになるまでは、彼をファーストチームから外す」という声明を出している。アゼルバイジャン代表として16キャップを持つフセイノフは同クラブでキャプテンを務めていた。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ