バロテッリの営業活動続く…… 古巣にも断られる

育ての親ともいえるマンチーニも拒否

育ての親ともいえるマンチーニも拒否

移籍市場をさまようバロテッリ photo/Getty Images

リヴァプールFWマリオ・バロテッリは、古巣のインテルにも断られたようだ。

リヴァプールで構想外となっているバロテッリは、自身を獲得してくれるクラブを探しており、同選手の代理人であるミーノ・ライオラ氏は古巣インテルに話を持ち掛けたようだ。しかし、インテルで監督を務めるロベルト・マンチーニは、インテルとマンチェスター・シティで同選手を指導した経緯を持つものの、この申し出を断ったようだ。

マンチーニ監督とバロテッリは何度も衝突を繰り返したが、マンC時代にはプレミアリーグ優勝を経験するなど 、まさに苦楽を共にした関係といっていい。しかしマンチーニ監督はFWマウロ・イカルディを戦術的にも重視しており、バロテッリはチームバランスを崩しかねないと敬遠しているようだ。

また『コリエレ・デロ・スポルト』は、09-10シーズンのチャンピオンズリーグ準決勝バルセロナ戦で、同選手がユニフォームを地面に投げつけた行為をインテルサポーターが許していないと伝えており、その後ミランへ加入したことも怒りを買っているようだ。

古巣にも断られたバロテッリ。次はどこへ営業をかけるのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ