モウリーニョは間違っていた!? チェルシーの美人医療スタッフを擁護する発言相次ぐ

アザールの治療に向かった一件で……

アザールの治療に向かった一件で……

ケイヒルのケアをするカルネイロ photo/Getty Images

8日に行われたチェルシーVSスウォンジーの一戦。ジョゼ・モウリーニョ監督がMFエデン・アザールの治療に向かったメディカルスタッフのエヴァ・カルネイロにに苦言を呈した問題で、多くのサポーターはモウリーニョが間違っていると考えているようだ。

モウリーニョはアザールが重傷ではなく、疲れていただけだと発言。クルトワの退場で10人だったことを考えても、カルネイロは治療に行くべきではなかったと考えている。しかし、チェルシーサポーターからはカルネイロを擁護する発言が出ている ようだ。

『デイリー・ミラー』によると、サポーターはモウリーニョの判断が間違っていたと考えており、カルネイロのFacebookに次のような励ましの言葉を送っている。

「ジョゼは医者ではない。アザールをサポートするためにも、正しい判断だった。チェルシーのサポーターはあなたを愛している。モウリーニョに代わって謝るよ。申し訳なかった」

また、QPRなどで長くメディカルスタッフを務めるブライアン・モリス氏も、カルネイロの行動を支持している。

「彼女はプロ以外の何物でもないよ。彼女の対応は非常に丁寧だった。メディカルスタッフの仕事は非常に難しく、常に選手と監督の間に立って行わなければならないんだ。人々は興奮しながらゲームを見ているが、我々は別の視点で見つめ、相手のタックルで転がったボールではなく、選手がどういった反応をするかを見ている。周囲がゲームの緊張やストレスを感じている場合でも冷静さを保ち、時に選手の負傷はゲーム展開よりも重要なものになるんだ」

まさに同氏が指摘するようにモウリーニョは試合展開にストレスを感じていたが、今回はカルネイロの判断が正しかったということか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ