クロップ、マルセイユからの監督就任オファー断る

今夏の監督就任は無い見込み

今夏の監督就任は無い見込み

今夏は休暇が優先 photo/Getty Images

マルセロ・ビエルサ監督が突然辞任したマルセイユ。その監督候補に挙がっていた元ドルトムント監督のユルゲン・クロップだが、どうやらマルセイユからのオファーを断ったようだ。

マルセイユはリーグ1開幕戦となったカーン戦に0-1と敗れた後、マルセロ・ビエルサ監督が突然辞任し、後任探しに追われている。ファビオ・カペッロやカルロ・アンチェロッティといった大物の名前も挙がる中、マルセイユはクロップを最適な指揮官と考えたようだ。

しかし『ビルト』によると、今夏でドルトムントの監督職を降りたクロップは休暇を満喫しており、まだ監督職に復帰する考えはないようだ。マルセイユからの関心は代理人のマーク・コジッケ氏も認めたものの、やはりまだ充分に休めておらず、今夏の監督就任は無いようだ。

クロップに振られたマルセイユの次なるターゲットは元フランス代表のジネディーヌ・ジダンになる見込みで、過去にマルセイユをリーグ2位に導いた経験のあるエリック・ゲレツ氏も有力な候補とみられている。

クロップはドルトムントでブンデスリーガ連覇、DFBポカール制覇、チャンピオンズリーグ準優勝など輝かしい成績を収め、14-15シーズンを最後に自ら監督職を降りている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ