レスター指揮官も岡崎に賛辞「シンジはよくサポートしてくれた」

「前半は完璧だった」

「前半は完璧だった」

試合後、サンダーランド指揮官ディック・アドフォカートと健闘を称え合うラニエリ監督(左)。photo/Getty Images

8日、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームにサンダーランドを迎え、4-2で勝利を収めた。今季からナイジェル・ピアソンに変わって指揮を執るクラウディオ・ラニエリ監督にとって、幸先の良いスタートとなった。

英紙「フォーフォートゥー」が試合後の監督のコメントを伝えている。「前半の出来は完璧だった。後半は少し失速してしまったが、問題ない」と、3点を叩き込んだ怒濤の前半の攻撃に満足感を示した。また、「ミスもあったが勝利はチームに自信をもたらしてくれる。後半の失点は受け入れられるものだ」といかに開幕戦での勝利が重要なものであるかを強調した。

さらに、岡崎の名前も挙がった。「(2点を決めた)リヤドは違いを作ったね。しかし、それはシンジ(岡崎)や他のチームメイトのサポートがあったからだ。皆かなりハードワークしていたよ」

次節もこの日と同じように皆がハードワークし、勝利を手にすることができるか。レスターは次節、アウェーでウエストハム・ユナイテッドと対戦する。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ