岡崎がプレミアデビューを飾る! レスターもゴールラッシュで快勝

岡崎は先発フル出場

岡崎は先発フル出場

岡崎(中)は泥臭い守備で、攻撃にリズムをもたらした。photo/Getty Images

8日に開幕を迎えたプレミアリーグ。日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティはホームにサンダーランドを迎えた。

レスターは4-4-2の布陣。昨シーズンに引き続き、守護神はGKカスパー・シュマイケル。2枚のウイングは、右にアルジェリア代表のMFリヤド・マレズ、左にU-21イングランド代表の招集歴があるMFオルブライトンが入った。2トップにはFW岡崎慎司とイングランド代表FWジェイミー・バーディが並んだ。

レスターは序盤から得点を狙うべく、高い位置からプレスを仕掛け続ける。岡崎も積極的にボールを奪いにいくと、11分、レスターが先制に成功する。左サイドからのFKをオルブライトンがインスイングのボールを入れると、ニアでバーディが頭で合わせ、ネットを揺らした。

ホームの大歓声を背に、攻撃の手を緩めないレスター。12分には、グラウンダーのクロスにニアで岡崎が走り込むが、シュートはミートせず。これはものにできなかったが、レスターが立て続けに決定機を作り出すと19分には追加点を挙げる。先制点を演出したオルブライトンが左サイドからクロスを挙げると、中でマレズがコースを替え、ボールはゴール右隅に吸い込まれていった。

勢いが止まらないレスターは25分、マレズが右サイドからエリア内に切り込むとサンダーランドMFキャッターモールが溜まらずタックル、PKを献上してしまう。このPKをマレズが落ち着いて沈め、レスターが3点を先行する。

早くもテコ入れが必要となったサンダーランドは、31分、PKを献上したキャッターモールに変えて、フレッチャーを投入。中盤を1枚削って前線を増やし、点を取りにいく。

アディショナルタイムにはドリンクウォーターのミドルシュートを岡崎がヒールパスでお膳立てする場面なども見られ、前半はレスターがサンダーランドを終止圧倒。3点のリードで後半へ。

後半序盤はオープンな展開。前半飛ばしたレスターは前線から中盤の運動量が落ち始め、サンダーランドもカウンターからシュートまで持っていけるようになる。60分には、再三裏を狙っていたデフォーがエリア内で縦パスに抜け出すと、GKが飛び出す前にシュートを放ち、ネットを揺らした。サンダーランドが1点を返す。

しかし、レスターも黙ってはいない。67分、右サイドからのクロスに岡崎がニアでつぶれると、中央で待っていたオルブライトンがボールを収め、反転してシュート。ボールはゴール左隅に突き刺さり、ネットを揺らした。再びリードを3点に戻した。

そのままゲームを落ち着かせたかったレスターだったが、またしてもサイドの裏を取られ失点してしまう。71分、右サイドの裏に抜け出したレンズがクロスを挙げると、ファーでフレッチャーが頭で合わせた。サンダーランドが2点目を返した。

その後はレスターも無理をせず、ゲームを終わらせにかかる。86分には、岡崎にエリア内でシュートチャンスがあったが、左足に持ち替えたシュートはDFにブロックされてしまった。

スコアはその後動くことなく、試合は終了。レスターがサンダーランドを4-2で下した。岡崎はフル出場し、攻守に渡り貢献。ゴールはなかったものの、上々のプレミアデビューを飾った。

[スコア]
レスター ・シティ4-2 サンダーランド
[得点者]
レスター・シティ:ジェレミー・バーディ(11)、リヤド・マレズ(19、25)、マーク・オルブライトン(67)
サンダーランド:ジャーメイン・デフォー(60)、スティーブン・フレッチャー(71)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ