長友のツイートは別れを暗示? 「感謝を忘れず、前へ進む」

インテルを離れることは避けられないか

インテルを離れることは避けられないか

インテルでの時は終わりを迎える!? photo/Getty Images

日本代表でインテル所属のDF長友佑都のツイートは別れを暗示するものだったのだろうか。

長友は自身のツイッターで、「どんな時でも感謝を忘れず、前へ進む。今、この時を楽しんでいるよ」と発言。これはアルアハリとの親善試合で、トップ下で起用されたことに関する発言と思われたが、『カルチョメルカート』はこれを別れの発言と伝えている。

長友は2016年6月でインテルと契約が切れることになっており、現在はガラタサライMFのフェリペ・メロとのトレードでトルコへ行く可能性が盛んに報じられている。

しかしインテルは余剰戦力の放出が進んでおらず、メロとの交渉もストップしている。ガラタサライのハムザオグル監督もいつまでも待つことは出来ないと考えているようで、あくまでメロを優先する考えだ。

2011年からインテルに所属する長友だが、別れを覚悟したのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ