ベイル、今季はベストポジションでプレイ「トッテナムの頃と同じだ」

前線で自由を与えられる

前線で自由を与えられる

ようやく望むポジションでプレイ!? photo/Getty Images

レアル・マドリードFWガレス・ベイルはついにクラブでの自分のポジションを見つけたのかもしれない。

昨季右サイドでプレイしていたベイルだが、ラファエル・ベニテス監督が率いる今季は中央や左サイドでプレイすることが予想される。『マルカ』によると、ベイル本人も今のポジションの方がプレイしやすいと考えているようだ。

「今の僕は右サイドにも左サイドにも出ていくことができる。これは僕がトッテナムでやっていた役割と同じだし、ウェールズ代表でも同じだよ」

また、同選手の代理人であるジョナサン・バーネットも、ベイルが今の起用法に満足していると語って いる。

「ガレスはポジションについてベニテスと話す時間を持ち、どうやら2人の間でベストポジションが見つかったようだね。チームに合ったポジションであり、ベイルが輝けるポジションだ。ガレスは移籍金のレコードを更新してまで獲得してくれたフロレンティーノ・ペレス会長の期待に応えたいと考えているし、会長に大きな敬意をはらっている。もちろん会長もね」

マンUへの移籍も囁かれるベイルだが、彼が本当にレアルでベストポジションを見つけたならば、クラブを離れる可能性は低いだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ