ヴォルフスブルク、バイエルンからMF獲得を狙う

ビダルの加入で出場機会減少が予想されるローデがターゲット

ビダルの加入で出場機会減少が予想されるローデがターゲット

セバスティアン・ローデ photo/Getty Images

ドイツ・スーパーカップでバイエルンを倒したヴォルフスブルクは、バイエルンからMFの獲得を狙っているようだ。

『ビルト』によると、ヴォルフスブルクはバイエルンMFセバスティアン・ローデを狙っているようだ。ローデは2014年にフランクフルトからバイエルンへ加入したが、昨季の先発出場は11試合にとどまっている。今夏にシュバインシュタイガーは去ったものの、ユヴェントスからMFアルトゥーロ・ビダルが加入したことで、状況は変わらないことが予想される。

ヴォルフスブルクは優勝を経験した09-10シーズンの中盤をひし形にした4-4-2をオプションとして使用したい考えで、バイエルンでも守備的なインサイドハーフとしてプレイする同選手は理に適った補強となるかもしれない。

また、ヴォルフスブルクは新たなDFとしてシュツットガルトDFアントニオ・リュディガーの獲得も狙っており、ブンデスリーガ制覇を目指して戦力の底上げを考えている。リュディガーは今夏チェルシーやアーセナルも獲得に興味を示している人気銘柄の1人だが、現在はヴォルフスブルクが獲得に迫っているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ