ハリル監督、後半の逸機を悔やむ「後半は慌ててしまったが、勝てるチャンスもあった」

守備面では改善も

守備面では改善も

戦況を見つめるハリルホジッチ監督。photo/Getty Images

5日、中国・武漢で開催された東アジア杯で日本代表と韓国代表が対戦した。

日本は序盤から韓国に押し込まれる時間が続くと、27分に森重のハンドで韓国にPKを与えてしまう。これをチャン・ヒョンスが決めて韓国が先制。ブロックを敷いて、カウンターを仕掛ける日本は39分、FKの流れから山口が見事なミドルシュートを叩き込み、同点に追いつく。後半はオープンな展開になり、どちらに点が生まれてもおかしくない時間が続いたが、スコアは動くことなく終了。1-1の引き分けに終わった。

自身の代表初ゴールとなる見事なミドルを決めた山口は試合後のインタビューで、「勝ちにつながらなかったので素直に喜べない」と複雑な心境を吐露。

「練習から監督には打っていけと言われていた。打ったら入ったという感じ。攻め急がずに、皆でしっかりブロックを作ってというのはやれたと思う」

この日、日本は北朝鮮戦のようにガツガツと前線からチェイスしていくのではなく、相手にボールを持たせるところは持たせて、自陣にしっかりとブロックを敷いた。フィジカルで勝る相手に、ファールを犯し、危険なセットプレイも多かったがなんとか最小失点に抑えた。攻めては、カウンターで良い形を作りだすが、消極的なプレイも見られ、シュートまで持っていくことは少なかった。

ハリルホジッチ監督は「北朝鮮戦よりも守備面では改善が見られたのではないかと思う」と切り出した。

「フィジカルで勝る韓国が相手ということで押し込まれる展開で、厳しい時間帯も多かった。後半は少し慌ててしまったが、それがなければ勝てる可能性もあった。スコアは同等なものだと思う」

MF藤田直之やFW倉田秋など、代表初先発を飾った選手たちも多かった。今日ピッチに立った選手には改めてエールを送った。

「何人かの選手にチャンスを与えた。若い選手が初めて代表でプレイしたが、代表定着に向けてもっとトレーニングをしてほしい。しかし、今日見せてくれたチームのスピリットに関しては評価している」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ