デ・ヨングのファウルに怒るグアルディオラ「親善試合らしくない」

ミハイロビッチは反論「サッカーはバレエじゃない」

ミハイロビッチは反論「サッカーはバレエじゃない」

苛立つグアルディオラ photo/Getty Images

4日に行われたアウディカップのバイエルン対ミランの一戦で、1つのファウルをめぐって諍いが起きていたようだ。

問題となったのは、ミランMFナイジェル・デ・ヨングがバイエルンMFジョシュア・キミッヒにファウルを犯した場面で、キミッヒはこのプレイが原因で前半21分に交代を余儀無くされた。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、グアルディオラ監督はこのプレイが親善試合らしくないと怒りを覚えたようで、前半終了後にデ・ヨングと口論になっていたという。

しかし、この一件に関してミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督も反撃しており、次のように述べている。

「私はキミッヒへのファウルを見ていなかったのだが、ファールもサッカーの一部だ。サッカーはバレエじゃないし、親善試合でもそれは変わらないよ」

昨季のバイエルンは怪我人が多く、苦しいシーズンを過ごした。グアルディオラ監督も、接触プレイに過敏になっているのかもしれない。なお、試合は3-0でバイエルンが快勝している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.240 V字回復への処方箋
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ