ペップがシュバインシュタイガーの活躍を疑問視「ここ3年は良い状態にない」

3年間トップパフォーマンスを維持するのは難しいと語る

3年間トップパフォーマンスを維持するのは難しいと語る

プレミア挑戦のシュバインシュタイガー photo/Getty Images

今夏バイエルン・ミュンヘンからマンチェスター・ユナイテッドへと移籍したドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーは、自身が今後3年間トップパフォーマンスを維持できると語っていたが、ペップ・グアルディオラ監督は難しいと見ているようだ。

『デイリー・ミラー』によると、グアルディオラ監督は同選手の負傷が気になるようで、回復していなければ活躍は難しいと考えているようだ。

「彼が怪我の問題を抱えていなければ、マンUでも活躍できると確信している。彼はトッププレイヤー中のトッププレイヤーだが、ここ3年間は怪我の影響で良いコンディションではなかった。私は彼がマンUに良い作用をもたらすと確信しているし、そうなるように願っているよ」

確かに昨季のシュバインシュタイガーはリーグ戦に20試合しか出場しておらず、これはデビューした02-03シーズンの14試合に次ぐワースト記録だ。同紙はシュバインシュタイガーが12-13シーズンより足首と膝に問題を抱えるようになったと伝えている。

今夏に約1500万ポンドで同選手を獲得したマンUだが、果たして賢い買い物だったのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ