イスコとハメスのポジション争い激化! 前線の1つの枠争う

右サイドハーフを取り合う形か

右サイドハーフを取り合う形か

ハメスとイスコ photo/Getty Images

ラファエル・ベニテス政権として新たなシーズンに臨むレアル・マドリードだが、徐々に攻撃陣のポジションがはっきりしてきたようだ。

『マルカ』はプレシーズンの戦いから前線の顔ぶれを予想しており、今のところハメス・ロドリゲスとイスコがポジションを争うことになりそうだ。

同紙は前線にBBCの3人が入るのは当確としているが、昨季のように3トップになる可能性は低いとしている。プレシーズン通りにいけばシステムは4-4-2となり、BBCは2トップと左サイドハーフを担当することになるだろう。そしてボランチをルカ・モドリッチとトニ・クロースが務めることが予想されるため、残るポジションは右サイドハーフとなる。

同紙はこのポジションをイスコとハメスが争うことになると予想している。昨季はハメスが負傷していることもあったが、イスコは53試合に出場し、合計3755分間ピッチに立っている。一方のハメスは46試合に出場し、3507分間プレイしている。

同紙はレアル・マドリードのようなビッグクラブにはこうした争いが必要不可欠と伝えており、ゴンサロ・イグアインとカリム・ベンゼマ、ファビオ・コエントランとマルセロを直近の例として挙げている。

また、同紙はベニテス監督がターンオーバーを導入する可能性が高いとみており、イスコとハメスには均等に出場機会が与えられると考えているようだ。ここでのアピールが重要な試合で先発出場できるかの分かれ目となりそうだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ