昨季最終戦の結果を気にしないヘンダーソン「昨季ではなく、開幕戦を見ている」

開幕戦は昨季最終戦で大敗したストーク・シティが相手

開幕戦は昨季最終戦で大敗したストーク・シティが相手

先月のオーストラリアツアーでのヘンダーソン photo/Getty Images

8日の開幕が迫ってきたプレミアリーグ。今季からスティーブン・ジェラードに代わってキャプテンマークを巻くMFジョーダン・ヘンダーソンは、新シーズンに自信を持っているようだ。

『リバプール・エコー』に対し、ヘンダーソンは昨季の最終戦で1-6と大敗を喫したストーク・シティが開幕戦の相手となっていることに不安を覚えていないと強調し、自分たちが昨季までのチームとは違うと語っている。

「ストーク戦のことは、あの日プレイしていた選手皆が覚えている。あの日は全員にとって恐ろしいものとなった。しかし我々はチームとして改善する強い決意を持っており、未来に焦点を当てている。ストークとの最終戦ではなく、開幕戦にね。彼らは良いチームだけど、僕たちだって新しい選手を加えて強くなっている。僕たちは若いチームだけど、新たに加入した選手たちが大きな違いを生むと思っているよ」

「これは新しいシーズン、新しいスタートだ。本当にエキサイティングだよ。僕たちは静かに自信を持っているし、目標を達成するために適切な部分を補強した。良い結果を得ることができると期待している」

また同選手は、2日のヘルシンキ戦と3日のスウィンドン・タウン戦のどちらも辛勝だったことに関しても心配していない模様で、徐々にコンディションが上がっていることを強調している。

「フィットネスの面では良い感じだよ。僕はツアーの終わりに向けて良くなっていると感じていたし、それは皆も同じだ。僕たちは充分なパフォーマンスだったし、チームとして素晴らしいクオリティを持っていると思う。僕たちはストーク戦で良い結果を得ることができると自信と信念を持って臨むよ。もちろん5月に何があったのかは分かっているけど、これは新しいシーズンなんだ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ