PSG→トッテナム→マンU→レアルで、いよいよGKの玉突き移籍実現か

トッテナムは代役確保後にロリスのマンU移籍を認める考え

トッテナムは代役確保後にロリスのマンU移籍を認める考え

移籍が取りざたされるシリグ photo/Getty Images

やはりイケル・カシージャスがポルトへ移籍したのは、GKの玉突き移籍の発端だったのかもしれない。

マンUはダビド・デ・ヘアがレアル・マドリードへ移籍した時のために後釜を探しており、英各メディアが伝えるところでは、今夏の初めにも噂になったトッテナムGKウーゴ・ロリスを狙っているようだ。トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督もデ・ヘアの移籍がロリスの移籍にも影響を及ぼすと考えているようで、トッテナムもPSGからの退団が噂されるサルバトーレ・シリグを狙うようだ。

同紙は、ロリスがマンUへ移籍するためにはシリグの確保が不可欠と伝えており 、トッテナムはシリグの確保が決まり次第ロリスのマンU移籍にGOサインを出す考えのようだ。

これが実現すれば、シリグ(PSG→トッテナム)、ロリス(トッテナム→マンU)、デ・ヘア(マンU→レアル)、カシージャス(レアル→ポルト)という大物GKの一大玉突き移籍が現実味を帯びてくる。

シリグは今夏にフランクフルトから加入したケビン・トラップのバックアッパーになる可能性が高く、退団が噂されていた。同選手についてPSGのローラン・ブラン監督は、まだ何が起こるか分からないと述べている。

「サルヴァトーレは我々と契約があるが、そう単純な話ではない。我々は3人のGKを保有しており、彼はその1人だ。状況は変化するかもしれないし、残留するかもしれない」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ