移籍金高騰が止まらない! プレミアクラブの今夏放出資金が950億円に達する

圧倒的ブランド力を背景に世界展開

圧倒的ブランド力を背景に世界展開

スターリング加入に90億円以上を費やしたシティ photo/Getty Images

ラヒーム・スターリングが英国人史上2番目の高額移籍金となる4900万ポンド(約93億円)でリヴァプールからマンチェスター・シティ(マンC)に移籍したことに象徴されるように、近年ビッグトレードが増加傾向にあるイングランド・プレミアリーグ。それが実によく分かる数字が発表された。

英『BBC』は3日、今夏の移籍市場でプレミアリーグのクラブが選手獲得に費やした移籍金の総額が5億ポンド(約950億円)に達したことを発表した。市場が閉まる8月31日まで3週間以上を残しているにも関わらず、昨夏の3億3500万ポンド(約630億円)を超えてしまった形だ。移籍金の高騰は留まることを知らない。

経済アナリストのロブ・ウィルソン氏はこの背景に放映権料の高騰と、それに伴う各クラブの収入増加があると見ている。現在でも平均して各クラブに3200万ポンド(約60億円)の放映権収入があり、それが下位クラブでも各国代表クラスの選手を獲得することを可能にしている。

更に16/17シーズンからは新たな放映権料の契約が結ばれ、3シーズンで現在の30億ポンド(約5700億円)から51億ポンド(約9700億円)に放映収入がアップする見込みだ。世界中で視聴されるプレミアリーグのブランド力は絶大なものだ。

放出資金5億ポンドという記録も、来夏には更新されているかもしれない。このバブルはいつまで続くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ