ルーニーがエバートンの記念試合に! ブルーのユニフォーム姿を披露

当時の背番号「18」を着用

当時の背番号「18」を着用

古巣エバートンのユニフォームを着用したルーニー photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーは、エバートンのレジェンド、ダンカン・ファーガソン氏の記念試合に参加、11年ぶりに古巣エバートンのユニフォーム姿をグディソン・パークに詰めかけたサポーターに披露した。

現在29歳のルーニーはエバートンの下部組織出身。2002年8月にトップデビューを果たし、当時クラブ史上最年少ゴールを記録。エバートンでは2003-04シーズンまでプレイした。スコットランド出身のダンカン・ファーガソン氏は当時、恵まれた体格を生かしたポストプレイや空中戦に強いセンターフォワードで、1994年から98年、2000年から06年にエバートンでプレイ。下部組織出身のルーニーにとってはヒーローであり、トップチームに昇格した際にお世話になった存在だという。

スペインのビジャレアルと対戦した試合は1-2で敗れたものの、ルーニーはエバートン時代に着用した「18」にユニフォームで、ダンカン・ファーガソン氏をとともにピッチに立った。サポーターからは温かい声援が送られたと英紙『ガーディアン』は伝えている。試合後、ルーニーは『エヴァートンTV』の取材に応じ、「ファンが素晴らしい歓迎をしてくれて、とても嬉しかった。エバートンのシャツを着ているところを私の子どもに見せることができて、素晴らしい経験になった」とコメントした。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ