岡崎のダイビングヘッドが決勝点に! レスターは最後のテストマッチで逆転勝利

定位置確保に猛アピール

定位置確保に猛アピール

後半から出場した岡崎 photo/Getty Images

日本代表FW岡崎慎司が所属するイングランド・プレミアリーグのレスター・シティは1日、イングランド2部のバーミンガムとの親善試合を行った。レスターにとってはリーグ開幕前の最後のトレーニングマッチとなるこの試合、岡崎はベンチスタートとなった。

前半はバーミンガムのペースで進んだ。23分にデイヴィッド・コッテリルの強烈なFKで先制すると、その1分後にもデマレイ・グレイがミドルシュートで2点目を挙げた。後半に入るとレスターは58分にCKからロベルト・フートが押し込んで1点返したが、大きく流れが変わるのは72分に岡崎を投入してからだった。

76分、ペナルティエリア手前でボールを受けた岡崎は華麗なターンで前を向き、エリア内に侵入しようとする。これにバーミンガムDFが反応して後ろから岡崎を倒し、レスターはFKを得る。この右サイドからのFKのこぼれ球をダニー・ドリンクウォーターが押し込んで同点にすると、83分に右サイドからのクロスに岡崎が頭で飛び込んで合わせ、ネットを揺らす。レスターでの初ゴールは岡崎らしいダイビングヘッド、そして決勝点となった。試合はこのまま3-2でレスターが勝利している。

見事な逆転勝利を収めたレスターは8日のリーグ開幕節でサンダーランドと対戦する。終盤戦にかけて大きく勝点を稼いだ昨シーズンのようにリーグに旋風を巻き起こすことは出来るだろうか。

[スコア]
レスター・シティ 3-2 バーミンガム

[得点者]
レスター・シティ:フート(58)、ドリンクウォーター(76)、岡崎(83)
バーミンガム:コッテリル(23)、グレイ(24)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ