ルイス・スアレス、“心のクラブ”はリバプールじゃなかった!?

「引退する前にアヤックスへ」

「引退する前にアヤックスへ」

リバプールで大活躍したスアレス photo/Getty Images

バルセロナFWルイス・スアレスは、古巣リバプールのファンをがっかりさせたかもしれない。

「プレミアリーグは世界最高のリーグだけど、世界最高のチームはバルセロナだ。僕は決して世界最高の選手ではないけど、世界最高のチームでプレイすることを光栄に思っている。僕はネイマール、メッシ、イニエスタとプレイするのが夢でもあったからね」

スアレスはこのように、『ESPN』のインタビューに対し、世界最高のリーグがプレミアリーグだと認めながら、最高のチームはバルセロナだと語っている。

また、サッカー選手には、いつか戻りたいと考える”心のクラブ”があるというが、同選手も引退するまでに復帰したいクラブがあると語っている。しかし、それはイングランドの赤いクラブではなかったようだ。

「僕の夢は祖国のナシオナル・モンテビデオで引退することだけど、その前にアヤックスに復帰したいんだ。MLS? それも悪くない選択肢だけどね」

スアレスは2007年から2011年までアヤックスに所属しており、09-10シーズンにはエールディビジ得点王も獲得している。プレミアリーグが最高と語っているが、リバプールへ戻る気持ちはないのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ