[移籍]レアル、サラゴサからU-19スペイン代表キャプテンを獲得

スペインで期待される若手DF

スペインで期待される若手DF

1年はサラゴサでプレイし、ランコ・ポポビッチ監督とともに過ごす photo/Getty Images

レアル・マドリードは、レアル・サラゴサ(2部)から18歳のDFヘスス・バジェホを獲得したとクラブの公式サイトで発表した。6シーズンの契約を結び、来シーズンはレンタルとしてレアル・サラゴサでプレイする。

詳しい移籍金額は公表されていないものの、スペイン紙『アス』によると600万ユーロになるという。来シーズンもレアル・サラゴサでプレイを続ける予定だが、将来的にレアル・マドリードへ加入することになり、未来のリーダーとして期待される。

バジェホは2014年8月にトップチームデビューを果たし、2014-15シーズンはカップ戦も含めて34試合に出場1得点を記録。U-19スペイン代表に招集され、キャプテンを務める。7月に行われたU-19欧州選手権で優勝したスペイン代表ではキャプテンを務めた。その若さにもかかわらず、サラゴサでもキャプテンマークを腕に巻く。

レアル・サラゴサはJリーグのFC東京、セレッソ大阪などを率いた経験を持つランコ・ポポビッチが監督を務め、長谷川アーリアジャスールが所属するクラブだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ