[訃報]ステファン・ベッケンバウアー氏が死去、バイエルン名誉会長フランツ氏の子息

2年間の闘病生活

2年間の闘病生活

バイエルンの下部組織で指導するステファン氏 photo/Getty Images

1日未明、バイエルン・ミュンヘン名誉会長フランツ・ベッケンバウアー氏の子息、ステファン・ベッケンバウアー氏が脳腫瘍で亡くなった。46歳の若さだった。

ステファン氏は父フランツの一人目の妻との間に1968年に生まれた。父が活躍したバイエルンの下部組織でユース年代を過ごした後、TSV1860ミュンヘン、FCザールブリュッケンといったクラブでプレイしたが、膝の負傷に悩まされ、1997年に現役生活を終えた。現役時代はDFとしてプレイ。

引退後の1999年からはバイエルンの下部組織で指導者としてのキャリアを始め、ドイツ代表選手であるバスティアン・シュヴァインシュタイガー、フィリップ・ラーム、トーマス・ミュラー、マッツ・フンメルスといった選手たちを指導している。

独『ビルト』の情報によれば、ステファン氏は2年前に脳腫瘍が発覚し、闘病生活を続けていたという。

現役時代に所属したザールブリュッケンはクラブを通じて訃報を報せ、「彼の家族と友人たちに想いを寄せています」というメッセージを送った。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ