ドルトムント、FWオバメヤンと2020年までの契約延長で合意!

他クラブからの関心も、慰留に成功

他クラブからの関心も、慰留に成功

ピエール・エメリク・オバメヤン photo/Getty Images

ドイツ・ブンデスリーガのドルトムントは31日、ガボン代表FWピエール・エメリク・オバメヤン(26)と2020年までの契約延長で合意に至ったことを発表した。

アーセナルからの関心が伝えられてきた快速FWの流出阻止にドルトムントは成功した。昨季不調に陥ったチームの中でも16ゴールを挙げたオバメヤンは主力中の主力選手であり、プレシーズンを通して見てもトゥヘル監督の来季の構想に欠かすことの出来ない選手だと予想された。クラブ公式サイトには延長を喜ぶ同FWのコメントが掲載されている。

「この先のキャリアもドルトムントで過ごせることになって、当然ながらとても嬉しい。このクラブ、チーム、そして街にいられてハッピーだ。BVBは僕の第二の故郷になっている。僕のすべてがここにいたいと思っているし、出ていきたいと考えたこともない」

チーム内得点王の慰留に成功したミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)も「彼は驚くほど成長した。長期契約を結ぶことが出来て嬉しい」と話し、延長を喜んだ。ドイツでの3シーズン目となる15/16シーズンは果たしてどのような飛躍を遂げることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ