[移籍]ナポリ、トッテナムからルーマニア代表DFキリケシュ獲得

イタリアで再起をはかる

イタリアで再起をはかる

トッテナムでプレイしたヴラド・キリケシュ photo/Getty Images

セリエAに所属するナポリはプレミアリーグのトッテナムからルーマニア代表DFのヴラド・キリケシュを獲得したと、クラブの公式サイトで発表した。

現在25歳のヴラド・キリケシュはベンフィカの下部組織出身。2009年から母国ルーマニア国内のクラブでプレイし、2012-2013シーズンは国内の強豪クラブFCステアウア・ブカレストで活躍した。2013年にトッテナムに加入し、2014-15シーズンはカップ戦も含めて1試合に出場1得点を記録した。2シーズンをイングランドで過ごしたが、先発に定着することができなかった。

ルーマニア代表としては2011年にUEFA EURO 2012予選のルクセンブルク戦でデビューを果たし、32試合に出場している。守備の選手ながら足元の技術が高く、最終ラインから組み立てのパスを供給、自ら攻め上がることもあり、攻撃のセンスも評価されていた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ