バロテッリ、ついに戦力外通告を受ける

新天地はセリエAか

新天地はセリエAか

ロジャーズ監督との関係もここまでか。photo/Getty Images

英プレミアリーグのリバプールが行ったプレシーズンツアーには帯同させてもらえなかったイタリア代表FWマリオ・バロテッリ。この度、リバプールのブレンダン・ロジャーズ監督から、明確に来季構想外であることを告げられたようだ。

リバプールは8月1日に日本人MF田中亜土夢やFWハーフナー・マイクが所属するHJKヘルシンキと、8月2日にはイングランド下部リーグのスィンドンとテストマッチを行う。

ロジャーズ監督は木曜日の夜にこの試合に向けたミーティングをもったとされ、バロテッリには私的に、はっきりと来季は構想外であることを告げたという。英「デイリーミラー」が伝えている。

これでバロテッリも新天地を探さなければならなくなったが、同じプレミアのニューカッスルや、故郷イタリアのサンプドリアやボローニャからも興味を示されている。

また同紙によると、リバプール側はセリエAのラツィオにローンで出して、最終的には買い取ってもらいたいとの考えもあるという。

コンスタントに出場できるチームに行き、再起を図るのが懸命だとも思われるが、果たして来季はどのユニフォームを着てプレイすることになるだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ