ディ・マリア、6300万ユーロでついにパリ・サンジェルマンと合意か

クラブ史上2位の金額

クラブ史上2位の金額

ついにパリ・サンジェルマンへの移籍を果たすか!? photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリアのパリ・サンジェルマンへの移籍がついに合意に至ったと伝えられている。

ディ・マリアの移籍に関してマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマンが6300万ユーロの条件で合意。年俸は1000万ユーロで2019年6月まで4年の契約を結ぶという。また、『レキップ』が報じた6300万ユーロという移籍金額は、パリ・サンジェルマンがウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを獲得した際に支払った6400万ユーロに次いで、クラブ史上2位の金額となる。

現在27歳のディ・マリアは、2014の夏にプレミアリーグ史上歴代最高額となる7495万ユーロでマンチェスター・ユナイテッドに加入。2014-15シーズンはリーグ戦に27試合出場したものの、ケガの影響もあったため3ゴールに留まり、期待されたほどの活躍を見せることができなかった。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ