ユナイテッドに策はなし!? デ・ヘアのレアル移籍が近づく

ラモスの残留で交渉材料なくなる

ラモスの残留で交渉材料なくなる

プレシーズンには帯同 photo/Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアがレアル・マドリード移籍に一歩近づいたようだ。

デ・ヘアとセルヒオ・ラモスをめぐって交渉が膠着していたマンUとレアルだが、ラモスは中国での会合で残留に向けてフロレンティーノ・ペレス会長らと話し合ったと伝えられている。ラモスはレアルと新契約を結ぶ予定で、『マルカ』はマンUがデ・ヘアの移籍をブロックするためにラモスを交渉に組み込むことが不可能になったと伝えている。

マンU側もデ・ヘアの心がレアルにあることを分かっており、適正なオファーが届けば売却は避けられないと考えているようだ。レアルから提示される額は4000万ユーロ程度になる見込みで、レアルも同選手をカシージャスの後任に最適な人物だと疑っていないようだ。

また同紙は、デ・ヘアがレアルに来た場合はGKが1人放出されることになるのではないかと伝えている。現在はケイロル・ナバスと新加入のカシージャがGKを務めているが、デ・ヘアが加入した場合は序列が大きく変わることになる。同紙は新加入のカシージャがデ・ヘアのバックアッパーになると伝えている。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ