恨みは1年たっても消えず…… W杯でのロッベンのダイブを392日間批判しつづけたメキシコ人

サッカー協会にTwitterを通じてメッセージを送り続ける

サッカー協会にTwitterを通じてメッセージを送り続ける

問題のシーン photo/Getty Images

2014ブラジルワールドカップ決勝トーナメント1回戦、オランダ対メキシコの一戦を覚えている人はいるだろうか。ドス・サントスのスーパーゴールでメキシコが先制し、後半43分にスナイデルが豪快なシュートを叩き込んでオランダが同点に追いつき、さらに後半ロスタイムにロッベンがマルケスに倒されて得たPKをフンテラールが決めてオランダが逆転勝利を収めた劇的な試合だった。この劇的な展開を記憶している人は多いだろう。では、恨みを持っている人はどれだけいるだろうか。

『デイリー・ミラー』は、この一戦に恨みを持ち続けている1人のメキシコ人男性を紹介した。その男性はロッベンが倒れたシーンはダイブではないのかと考えているようで、自身のTwitterでKNVB(オランダサッカー協会)に「あれはPKではない」とメッセージを送っているようだ。それも392日連続で送り続けているという。

そんな彼にとうとうKNVBから返事があったようだ。同紙によると、KNVBはメキシコ代表がジャマイカを破ってゴールドカップを制したことを祝福するメッセージを送ったという。準決勝でメキシコがパナマを延長戦の末に下した試合でも疑惑のPKがあったが、この男性とKNVBの因縁は少し解決に向かったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ