[移籍]ストーク、元バルサFWアフェライを獲得! ボージャン、ムニエサらと共闘へ

昨季はオリンピアコスでプレイ

昨季はオリンピアコスでプレイ

今年3月のスペイン戦でのアフェライ(写真右) photo/Getty Images

プレミアリーグのストーク・シティは28日、オランダ代表FWイブラヒム・アフェライ(29)を獲得したことを発表した。契約は2017年までとなり、フリーエージェントのため移籍金は発生しない。

先月末で4年6ヶ月を過ごしたバルセロナを退団したアフェライの新天地はストークに決まった。クラブのチーフ・エグゼクティブを務めるトニー・ショールズ氏はクラブ公式サイト上で獲得の喜びを表している。

「彼が多くのクラブから関心を寄せられていたことは本当だし、その中から我々のクラブを選んでくれたことは喜ばしいことだ」

また、ストークにはマルク・ムニエサ、ボージャン・クルキッチといったバルセロナでプレイした経験を持つ選手を数多く抱えていることもポジティブな効果を発揮すると見込んだ。

「彼はプレミアリーグでプレイすることを楽しみにしているし、このクラブに彼のよく知る選手が既に在籍していることは環境への適応を助けてくれるだろう」

オランダとモロッコの二重国籍を持つアフェライは2004年にPSVアイントホーフェン(オランダ)の下部組織からデビューし、その切れ味鋭いドリブルと強烈なミドルシュートで注目を浴び、リーグ屈指のアタッカーに成長し、2011年冬の移籍市場でジョゼップ・グアルディオラ監督のバルセロナに移籍した。しかしその後は度重なる怪我などもあり戦力と見なされず、12/13シーズンはシャルケ(ドイツ)、昨シーズンはオリンピアコス(ギリシャ)にレンタルされてプレイしていた。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ