アザールを称賛するモウリーニョ 「彼は精神的にタフ」

「彼はそのままで十分素晴らしい」

「彼はそのままで十分素晴らしい」

エデン・アザール photo/Getty Images

今やリーグ屈指のアタッカーへと成長を遂げ、多くの試合で対戦相手からの激しいタックルを受けるようになったチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール。ジョゼ・モウリーニョ監督はアザールの精神力を称賛するとともに、負傷しないことを願った。英『フォー・フォー・ツー』が伝えている。

「エデンは昨シーズン運良く足を折られずに済んだ。彼はますます強くなっているが、それは彼の身体のことだけではない。彼は精神的にタフなんだ。激しいタックルを受けても過剰に反応することはないし、他の選手のようにいつまでも転がり続けたりはしない」

「しかし、現実的に考えれば昨シーズンの彼はラッキーだった。悪質なタックルによっていつ怪我をしてもおかしくなかったんだからね。私は何人もの選手が足を負傷するところを見てきたよ」

昨シーズンのアザールはリーグ38試合全てに先発出場、14ゴールと9アシストを記録してチェルシー優勝の立役者となった。PFA(イングランド・プロフットボール協会)選出の最優秀選手賞に輝くなど、輝かしい成績を残したが、目立った負傷をせずにリーグ戦に皆勤したこともまた、彼の見事なタフネスを物語っている。モウリーニョ監督は負傷をしないことを願いつつも、アザールの勇敢な姿勢に惚れ込んでいることを明かした。

「彼を守ることが私に出来たらと思うが、そうはいかない。しかし、私は彼の精神やパーソナリティを変えたいとは思わない。彼に泣いたりオーバーリアクションをしたりするような選手になってほしくないんだ。エデンに対して私が望むのは彼そのものでいてくれることだ、彼はファンタスティックだよ」

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ