ドログバもMLS行きか。脂の乗ったスターたちが続々とMLSに集結

新天地はモントリオールか

新天地はモントリオールか

昨シーズン、ホームのスタンフォード・ブリッジで優勝を祝うドログバ。photo/Getty Images

昨シーズン限りでチェルシーを退団し、去就が注目されている元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバだが、MLS(メジャーリーグサッカー)のモントリオール・インパクトに加入間近だという。「ESPN」が伝えている。

モントリオール・インパクトは同じくMLSのシカゴ・ファイヤーからドログバの獲得権を取得したとされ、年俸約3億円、契約期間18ヵ月の契約を持ちかけており、ドログバがサインすれば、正式にチームに迎えられるという。

アメリカの地には、未だにその名を轟かすベテランスターたちが続々と渡っている。

過去にはデイヴィッド・ベッカム氏も所属したLAギャラクシーには、今夏リバプールからスティーブン・ジェラードが移籍。他にもアイルランド代表最多出場記録を持つFWロビー・キーン、バルサの下部組織で育ったメキシコ代表FWドス・サントスも所属している。

ニューヨーク・シティFCにはスペイン代表ダビィド・ビジャやMFフランク・ランパードが所属。今夏には、ユベントスからMFアンドレア・ピルロが移籍し、26日にオーランド・シティ戦で早速デビューを飾った。一方そのオーランド・シティでは元ブラジル代表カカがチームキャプテンとして戦っている。

スター選手が”晩年”を過ごす地となりつつあるMLS。ドログバも加入となれば、さらなる人気に拍車がかかることになるだろう。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ