チェルシーの練習に合流したファルカオ「このクラブで将来的にプレイしたいと感じていた」

CL初出場はスタンフォード・ブリッジ

CL初出場はスタンフォード・ブリッジ

コロンビア代表のラダメル・ファルカオ photo/Getty Images

チェルシーはコパ・アメリカに参加していた選手たちが練習に合流。今夏、モナコからレンタル移籍で加入したコロンビア代表FWラダメル・ファルカオがチームの練習に初参加した。ファルカオのコメントを公式サイトが伝えている。

「チェルシーはシーズン全体を通して高いクオリティを維持し、昨シーズンの彼らは最高のチームだった。コロンビアでもチェルシーのファンは多いんだ。フアン・クアドラードがいるからね」とチームの印象を語った。

2009-10シーズン、ポルトに所属していたファルカオは、9月に行われたスタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦でUEFAチャンピオンズリーグ初出場を果たした。この試合がチェルシーに加入した要因の一つになったという。

「チャンピオンズリーグで初出場した試合がスタンフォード・ブリッジだった。私にとって決して忘れられない瞬間。その時からこのクラブが好きで、将来的にプレイしたいと感じていた。後半から途中出場した試合では良いプレイができたと覚えている。センターバックはジョン・テリーとリカルド・カルヴァーリョだった。彼らと対戦できたのは良い経験」

昨シーズンはマンチェスター・ユナイテッドに所属し、4ゴールと振るわなかったファルカオ。チェルシーではジエゴ・コスタ、ティボ・クルトワのアトレティコ・マドリード時代の同僚と再開し、本来の力を発揮できるだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ