ベンゼマは1000%レアル残留? 代理人が明かす

ポジションが去就に影響という報道も

ポジションが去就に影響という報道も

プレシーズンのローマ戦でのベンゼマ photo/Getty Images

アーセナルが獲得に関心を示しているレアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマだが、今夏の退団の可能性は限りなく0%に等しいようだ。同選手の代理人を務めるカリム・ジャジミ氏が英『スカイスポーツ』に対して27歳のFWの残留を明言した。

「カリムはレアル・マドリードでとても幸せなんだ。そして彼は今夏クラブに残留するだろう、1000%そうと言える」

ベンゼマは2009年にリヨンからレアルに加入し、以後前線で高い貢献をしてきた。ここ2シーズンほどはガレス・ベイル、クリスティアーノ・ロナウドと3トップを形成することが多く、3人の頭文字を取った「BBC」という強力な前線を中央で支えた。昨シーズンはリーグ29試合に出場して15ゴールを挙げている。

一方では、新シーズンのラファエル・ベニテス監督がクリスティアーノ・ロナウドを中央でプレイさせる可能性を仄めかしており、ベンゼマの去就に影響するのではないかかという見方もあった。しかし、少なくとも来シーズンはレアルの一員としてプレイするようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ