新天地ドルトムントの印象を語るカストロ 「チームメイトは温かく、全てがポジティブ」

ポジション争いを歓迎

ポジション争いを歓迎

ゴンサロ・カストロ photo/Getty Images

今シーズンから新たにドルトムントの一員となったドイツ代表MFゴンサロ・カストロが23日、記者会見に臨んで新天地の印象を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

「始めの頃は新しいことばかりだけど、チームメイトが温かく迎えてくれているよ。すべてが非常にポジティブだね。監督が要求していることもチーム全体ですぐに理解できている」

レヴァークーゼンから移籍を果たしたカストロはそう話し、同僚との関係が良好であることを話す。移籍が濃厚と見られていたイルカイ・ギュンドアンが残留したことで中盤のポジション争いは激しくなったが、28歳のカストロは前向きに捉えているようだ。

「イルカイの残留は自分も嬉しかったし、今後も彼がチームの力になってくれると思う。うちの中盤は非常に層が厚く、ドイツでもトップクラスと言うべきメンバーが揃っている。今後数週間で全選手にチャンスが与えられるはずさ」

ドルトムントは25日に昨季チャンピオンズリーグ決勝に進出したユヴェントスとの親善試合を行う。そして26日には帰国し、30日には15/16シーズン最初の公式戦、ヨーロッパリーグ3次予選ヴォルフスベルガー(オーストリア)戦を迎える。シーズン開幕はもう目と鼻の先だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ