オフを満喫中のイグアイン、PK失敗をイジられ激怒!

コパ・アメリカの余波続く

コパ・アメリカの余波続く

決勝でPKを外したイグアイン photo/Getty Images

オフでイビサ島に来ていたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが一般市民と小競り合いを起こしたようだ。

『エル・ムンド』によると、イグアインは代表の同僚であるエセキエル・ラベッシとナイトクラブに繰り出し、店を出た際に一部のファンに気付かれ、その中の1人が写真を求めてきたという。

しかしイグアインはポーズを取ることを拒否。すると1人の若者が、コパ・アメリカ決勝でPKを外したことを指摘し、これにイグアインが激怒したようだ。

イグアインは「今撮った写真を消せ!」と詰め寄り、周囲の人間が慌てて止めに入る事態となった。しかし一連の流れは動画に捉えられており、同メディアでも公開されている。

コパ・アメリカ決勝のチリ戦以降、批判にさらされているイグアインだが、何とも後味の悪いオフとなったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ