マンC、スターリングに続いてデ・ブライネ獲得に巨額資金を用意か

ヴォルフスブルクは放出を徹底阻止

ヴォルフスブルクは放出を徹底阻止

ケヴィン・デ・ブライネ photo/Getty Images

先週イングランド代表FWラヒーム・スターリングを4900万ポンドで獲得したマンチェスター・シティ(以下マンC)だが、今夏更なるビッグディールを成立させることになるかもしれない。

英『デイリー・ミラー』が伝えたところによれば、マンCはヴォルフスブルクのベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ獲得に6000万ポンドを用意しているようだ。2019年まで所属クラブと契約を結ぶデ・ブライネには高額の移籍金が発生することが予想されていたが、この額は昨年マンチェスター・ユナイテッドがアンヘル・ディ・マリア獲得に費やした5970万ポンドに次いで英国史上最高額の移籍金となる。

ヴォルフスブルクは来季のCL出場を控えており、エースであるデ・ブライネ放出は何としても阻止することが予想される。既に新契約を結ぶために動いていると報道されており、週給15万ポンドの契約となる見込みだ。

スターリングに続く今夏のビッグディールは成立するのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ