リベルタドーレス杯準決勝、インテルナシオナル敗退でリーベルのクラブW杯出場が決定

新加入ピエール・ジニャックが活躍

新加入ピエール・ジニャックが活躍

2ndレグで逆転したティグレス photo/Getty Images

現地時間22日、コパ・リベルタドーレス準決勝2ndレグが行われ、メキシコの強豪ティグレスは同大会を2度制した経験を持つインテルナシオナルと対戦し、3-1で勝利。2試合合計スコアを4-3とし、ティグリスの決勝進出が決まった。

先制点を挙げたのは本拠地で戦うティグリス。18分、右サイドからのクロスをピエール・ジニャックが豪快なヘディングシュートを叩き込む。今夏、マルセイユから加入しピエール・ジニャックが得意の空中戦の強さを発揮する。

その後、ティグリスは40分にオウンゴールで追加点を重ねると、57分には右サイドから折り返しのクロスを受けたアレバロがヘディングシュートを放ち、リードを3点に広げる。インテルナシオナルは試合終了間際に1点を返したが、ティグリスが3-1で勝利を収めた。

前日に行われた準決勝、グアラニーとリーベル・プレートの対戦は1-1で引き分け。1stレグに2-1で勝利したリーベルの決勝進出が決まっていた。その結果、決勝戦の対戦カードはティグリスとリーベル・プレートに決定・日程は1stレグを29日、2ndレグを8月5日に戦う。

リベルタドーレス杯の優勝チームは年末に日本で開催されるクラブワールドカップへの出場権を獲得する。だが、ティグリスはメキシコのクラブであるため、リーベル・プレートが南米代表として出場権を得ることとなった。

[スコア]
ティグレス 3-1 インテルナシオナル

[得点者]
ティグレス:ピエール・ジニャック(18)、オウンゴール(40)、アレバロ(57)
インテルナシオナル:リサンドロ・ロペス(90)

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ